カーテンを選ぶ喜び。生活空間を彩る楽しみ。
Curtain  House
カーテンとはカーテンとはオーダーカーテンとはカーテン 寸法方法カーテン 選び方カーテンのお手入れカーテン 相性カーテンQ&Aカーテン リンク

2014/10/1 更新

カーテンのお手入れ

自分の気に入ったカーテンをお選びになるなら、いつまでもきれいにしておきたいですよね。オーダーカーテンは、お店で売っている既製品よりもはるかに丈夫です。取り扱いに気をつけていれば、変わらぬ美しさ、質感を保つことができます。でも手入れを怠っているとせっかくのオーダーカーテンもすぐに汚れてしまいます。ちょっと臭う・・・という場合は、消臭剤を振っておく程度でいいのですが・・・。綺麗・質感を保つためのお手入れ方法をご紹介いたします。

■お洗濯する前に!!

・カーテンの裏に縫い付けてある取り扱い絵表示で、洗い方を確認しましょう。

・フックをすべてはずして、ホコリを払い、シワにならないように屏風だたみをします。

■洗い方

家庭の洗濯機で洗う場合(ウォッシャブル表示のあるカーテン)

・一度に洗うのは1~2枚までにしましょう。ネットに入れると型くずれを防げます。

・水量は「最大」、水流は「弱」に設定し、40℃以下のぬるま湯か水で洗いましょう。

・洗剤は普段お使いになっている洗剤または、デリケートな衣類用の中性洗剤を使用しましょう。

・すすぎの際、柔軟材を入れると風合いがよくなります。

手洗い・つけ置き洗いをする場合

・0℃以下のぬるま湯か水でやさしく押し洗いしましょう。(もみ洗いはシワのもとになります) その他は洗濯機洗いと同じで大丈夫です。

・汚れがひどいカーテンについては「つけ置き洗い」がオススメです。

・水温は30℃~40℃程度で、30分~1時間程度つけた後、洗濯機か手洗いで洗濯しましょう。

■脱水・干し方

・脱水時間が長いとシワがとれにくくなってしまいます。ドレープで1分、レースなら30秒程度にしましょう。

・窓まわりの拭き掃除を済ませておくと、洗ったばかりのカーテンに汚れが付くのを妨げます。

・元々掛けてあったレールに戻して吊り、軽くシワを伸ばすようにして形をととのえ、自然乾燥させましょう。

・屋外に干す場合は日陰で乾かしてください。

・乾燥機は絶対に使用しないでください。

 

■アイロン掛け

・必ず「取り扱い絵表示」で、アイロン掛けが可能かどうか、また適切な温度やあて布の有無を確認しましょう。

・繊維の素材による温度の目安

 綿・麻 140~200℃(中~高温)
 ポリエステル 140~160℃(中温)
 アクリル・アクリル系・ポリクラール・レーヨン 80~120℃(低温)

■漂白

・必ず「取り扱い絵表示」で、塩素漂白可能かどうか確認してください。

取り扱い絵表示

液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良いです。 ドライクリーニングができます。溶剤はパークロルエチレン又は石油系のものを使用しましょう。
液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良いです。洗剤は中性洗剤を使用しましょう。 液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良いです。
液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いが良いです。洗剤は中性洗剤を使用しましょう。 ドライクリーニングができません。
液温は40℃を限度とし、弱い手洗いや押し洗いが適良いです。(洗濯機は使用できません) 塩素系漂白剤による漂白ができます。
水洗いはできません。 塩素系漂白剤による漂白ができません。

Favorite

テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/
リーバイスの商品販売
http://www.rakuten.ne.jp/gold/gpa/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright c 2008. Curtain House.merry curtain. All Rights Reserved.