カーテンを選ぶ喜び。生活空間を彩る楽しみ。
Curtain  House
カーテンとはカーテンとはオーダーカーテンとはカーテン 寸法方法カーテン 選び方カーテンのお手入れカーテン 相性カーテンQ&Aカーテン リンク

2014/10/1 更新

 

オーダーカーテンと窓との相性   

テラス窓

ベランダや庭側によくある窓がテラス窓と言われるものです。テラス窓にかけるカーテンは、人が出たり、入ったりしやすいように左右水平方向に開閉するもの最適です!また、冬はそこから冷気が入りこまないよう床につく長めのカーテンを選ぶようにしましょう。また最近では、テラスがあったりベランダが広いマンションも多くなっています、そこでガーデニングをしている方が多くいると思われます。そんな方に特にオススメなのは、シェード(たくし上げカーテン)が人気です。

腰窓

高さが腰くらいまでの窓の事を、腰窓と言います。
腰窓タイプの窓に最適なカーテンとしては、下側の窓枠より15~20cmくらいの長さがあるものが良いです。また、水平・上下方向どちらの開閉タイプも使いやすいので、ある程度自由にカーテンを選ぶことができます。

天窓

天窓は、太陽の光を取り入れやすくするために、屋根に設けた窓のことです。リモコンなどを使って、遠隔で開閉操作が行えるカーテンを選ぶようにしましょう。

出窓

日光を取り入れやすくするために、外にはり出している窓の事を出窓と言います。そのはり出した部分に物を飾ったりする場合は、無地なデザインのカーテンを使って、すっきりした印象を与えましょう。

縦長窓

縦長窓の特徴を活かし、上下に開閉するタイプのカーテンを選ぶとバランスがとれてきれいです。

オーダーカーテンと季節との相性

夏季のカーテン


日本の蒸し暑い夏を快適に過ごすためには、風通しのいい材質のカーテンを選ぶようにしましょう。カーテンをすることは冷房効率を上げるためにも重要です。しかし、機能性だけを追及するのではなく、視覚的に涼しくなるようなデザインを選ぶことも重要です!おしゃれ感を出すなら、レースカーテンがオススメです。最近のレースカーテンは、UVカット加工がしてあって、夏の日差しから発せられる紫外線を防いでくれたり、室内が見られないように外側に光沢を持たせたものもあります。レースカーテンは機能的に充実しています。

冬季のカーテン

冬のカーテンを選ぶ際に1番考えなければならない事は、保温性です!熱を逃がさないカーテンには2つの要素があります。まず、1つ目の要素は糸が密に織られた厚めの生地のカーテンであること!そして、もう1つの要素は生地が床に垂れるぐらい長さに余裕があることです。この2つの要素がある生地で作られたカーテンこそ保温性に優れています。また、保温効率を上げるために雨戸などを閉めて結露を防止したり、心理的に暖かくなるようにオレンジや赤などの色のカーテンを選ぶなどして寒い冬も快適に過ごしましょう。

 

recommend

はてな
http://www.hatena.ne.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright c 2008. Curtain House.merry curtain. All Rights Reserved.